特定健診・特定保健指導

2008年4月から40歳以上の被保険者・被扶養者に対して、メタボリックシンドロームの概念を取り入れた生活習慣予防のための特定健診・特定保健指導が実施されました。 日頃の生活習慣に気をつけるとともに、年に一度は健診を受け、ご自身の健康状態を把握していきましょう。

健康診断について

特定健康診査とは、日本人の死因の6割を占める生活習慣病(心臓病・脳卒中など)の前段階であるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を中心とし、該当者または予備群となる方を、早期発見して改善を行うための健診のことです。
生活習慣病の発症には、メタボリックシンドロームが関係していることが多く、より効果的に生活習慣病を防ぐために、それに着目した健診が行われることになりました。

健診・検査項目 内容 対象
健診・検査項目 問診・身体計測・腹囲・血圧測定・尿検査・肝機能検査・血液脂質検査・血糖検査
※従来の健診項目に、メタボリックシンドロームの危険因子を調べる項目が加わります。
  • 40歳~74歳までの保険加入者本人(被保険者)
    ※健康保険、船員保険、各共済組合、国保などにご加入の方
  • 40歳~74歳までの被扶養者
  • 40歳~74歳までの被保険者の扶養家族の方

※検査項目は各健康保険組合により異なります。
※別途オプション検査を追加できます。

特定健診は、予約制となっておりますので、事前に電話でご予約ください。
受診当日は、保険証と受診券を必ずお持ちください。

特定保健指導について

特定保健指導とは、メタボリックシンドロームの該当者・予備群を対象にした生活習慣病改善支援です。2008年の4月からメタボリックシンドロームの予防、改善に重点を置いた、生活習慣病予防のための特定保健指導が、各医療保険者に義務化されました。
特定健診で生活習慣病の危険が見つかった人には、予防のために、生活習慣改善のための専門家(医師・保険師・管理栄養士など)のサポートが受けられます。
健診の結果により以下の区分に分かれます。

お申し込み・お問い合わせ

健診センター直通
0248-42-3592
受付時間
平日/13:30~16:30 土曜/10:00~11:30

お問い合わせ・診療時間・アクセス

  • 地域連携室
    当院は地域の医療機関や行政機関などとの連携を密にして地域医療の充実に力をいれて行います。
    0248-42-2176
  • 24時間救急告示病院
    当院は救急告示病院として、夜間休日を含む24時間体制で診療を行っております。
    0248-42-2121